ロケーション

ホテル・デ・ラ・ヴィッレはフィレンツェでも最も歴史ある中心街に位置し、グッチやプラダ、カルティエ、ティファニー、エルメス、ブルガリ等のブランドショップが華やかに立ち並ぶ通り“ヴィア・トルナブオーニ”に建っております。

ホテルを取りまく空気は、生粋のフィレンツェ。幾世紀も前から変わらずにあるかのような職人工房や、ドゥオモやサン・ロレンツォ洗礼堂、シニョリーア広場、ウフィッツィ美術館などの偉大なる名建築の数々が広がっております。

そして、この界隈のもう一つの魅力と言えば、独特のレストラン、デリカテッセンでの食の楽しみでしょう。世代を超えて伝えられ、今や世界にも知れ渡るほどのフィレンツェ伝統の味わいを、どうぞご堪能ください。

観光ポイント - 主要な見所への歩行距離:
ドゥオーモ
1 分
ストロッツィ宮
1 分
シニョーリア広場
2 分
ヴェッキオ橋
3 分
サン・ロレンツォ聖堂
3 分

アクセス

アクセスお車でお越しになるお客様へ:

当ホテル玄関までお車でお越しいただけます。

当ホテルへのアクセスについてはご出発前に本サイト上のPDFファイルをダウンロード、印刷されることをお薦めいたします。

古い交通情報が搭載されているナビゲーションシステムが多数あることと新たに交通情報が変更される可能性もあることをご承知ください。

ご到着の際には当ホテルスタッフが契約駐車場をご案内すると共に歴史地区へのアクセスの一時的許可の申請を行います。

ご到着の際にお手続きいたしますので事前に駐車場の予約や車両ナンバーをお知らせいただく必要はございません。

重要なお知らせ:

当ホテルは交通規制区域内(ZTL)の歩行者専用道路に位置しておりますが玄関までお車で起こしいただけます。

アンティノーリ広場(Piazza Antinori)や隣接する路上に駐車されることは不可能です。

はお車でお越しのお客様には契約駐車場をご案内しておりお車の出し入れに関しては直接駐車場の担当者が責任を持って対応いたします。

ご到着の際のお車の引取及び返還のご要望の際には約15~20分ほどお時間をいただきます。

フィレンツェ歴史地区へのアクセスはテレビカメラにより監視されており許可された車両のみの通行が可能となっています。

のお客様の交通機関(車、バイク、ミニバン)もまた交通規制区域(ZTL)内の通行を許可されています。

認可の手続きはテレビカメラの下を通過後2時間以内に車両ナンバーの通達をインターネット通信を通じて行われます。

車両ナンバーの通達は当ホテルスタッフが対応いたします。

当ホテルのお客様はお越しの際とご出発の際の1度に限り交通規制区域(ZTL)内の通行を認められています。

契約駐車場に保管しないお車でもその車種と車両ナンバーをお知らせいただく必要があります。

通行許可は1度の出入りにのみ有効ですのでテレビカメラの下を通過し交通規制区域(ZTL)に進入しホテルにお戻りになる場合はその都度車両ナンバーをお知らせいただく必要があります。

お知らせがなかった場合には罰金が課せられることになります。

飛行機でお越しの場合

ご要望に応じて、フィレンツェ空港−ホテル・デ・ラ・ヴィッレ間の送迎サービスを承っております。

その他の交通機関のご案内:

  • タクシーのご利用
  • シャトルバスのご利用(サンタ・マリア・ノヴェッラ国鉄駅までお越しいただけます。)フィレンツェ空港からホテル・デ・ラ・ヴィッラまで5km

列車でお越しの場合

サンタ・マリア・ノヴェッラ国鉄駅よりホテル・デ・ラ・ヴィッラまでタクシーでお越しいただけます。また、徒歩でも5分程でお出でいただけます

duomo-firenze-hoteldelaville
ドゥオモ

ドゥオモことフィレンツェ大聖堂の歴史は、6年もの長い歳月をかけて形作られた...

palazzo-signoria-hoteldelaville
観光スポット

フィレンツェ共和国の歴史においてシニョーリア広場は、その完成時から既にフィレンツェ政治のひのき舞台となっていた...

chiesa-ss-micheleegaetano-hoteldelaville
サン・ミケーレ教会

サンティ・ミケーレ・エ・ガエターノ教会はトルナブオーニ通りに続くアンティノーリ広場に位置し、フィレンツェにおいては重要なバロック建築の一例である...

basilica-sanlorenzo-hoteldelaville
サン・ロレンツォ聖堂

イタリア独特の市場が立ち並ぶサン・ロレンツォ広場には、人々が集い合う絵画を思わせる風景が広がっている...

palazzo-strozzi-hoteldelaville
ストロッツィ宮

ルネサンス建築のシンボルであるストロッツィ宮は、銀行家フィリッポ・ストロッツィがベネデット・ダ・マイアーノに依頼して制作された建築である...

top
This website uses cookies in order to send you advertising material and services according to your preferences. If you want to know more about it, or you wish to block the cookies please click \More Info\. By closing this banner, scrolling this page, clicking a link or continuing to browse otherwise, you agree to the use of cookies. MORE INFO